FC2ブログ

地元

僕は8月8日の夜行バスで愛媛の実家に帰りました。

初めての夜行バスだったのですが、
思いのほかグッスリと眠ることができ、気が付けば愛媛県でした。

愛媛に帰ると
さっそく、母が朝食を作ってくれました。とても豪華な朝食でした。

おふくろの味はいいですね。
実家にいたころは普通に食べていたご飯も久々に食べてみるととてもおいしいものでした。

祖父の家に行ったり、地元の友達と遊んだり、花火大会などにいったりして、家でゆっくり過ごす期間が短かったのですが、久々に家族や友達と会うことができとても良い帰省でした。

やっぱり地元が一番です。

securedownload_2013082616511633d.jpg

                                               横山

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

「ふるさと」というもの

旅をしなければ故郷の味は分からない。昔の人が「旅をして人ははじめて成長する」とよくいいます。
私も宇和島がふるさとですが今では両親がいるわけでもなく、友人もほとんど死んでしまいました。それでも目を閉じると街の隅々まで思い出されます。あのとき、少年の自分がどんなことを考えたか、そしてそれがいまどれほど実現したか、きちんと整理できます。
「ふるさと」ってそんなところなのですよ。
啄木が詠いましたね、「ふるさとの山に向かいて言うことなし故郷の山はありがたきかな」(『一握の砂』より)
最新記事
twitter
月別アーカイブ
リンク