FC2ブログ

ベトナム旅行

私は、10月4日から9日まで46号室の水田君とベトナムを旅しました。この旅を行うにあたって、井上主事に高田先生という方を御紹介させていただき、高田先生からホーチミン工科大学で日本語を教えている山田先生を御紹介させていただきました。その御縁により私たちは、ホーチミン工科大学で日本語の授業に参加できることになりました。そこで驚かされたのは私が思っていた以上に日本語が通じたということです。彼らの日本語は私たちでいうと選択第二外国語(中国語、スペイン語、韓国語など)にあたります。日本の大学生で第二外国語を話せる学生はかなり少ないと思います。それに加え、彼らのほとんどが英語を話せていました。日本では早いところでは小学生から、それ以外では中学生から英語を学習しているのに英語を話せる大学生はほとんどいません。同じ大学生なのに大きな差を感じ、私自身だらけがちになっていた大学生活を見直す良い刺激となりました。授業の後、山田先生、学生たちと一緒に夕食を共にし、とても貴重な時間を過ごすことができました。私より2、3歳年上の方とも知り合えたのですが、彼は自分の会社を持っていると言っておりました。私は彼に会うまで会社を持つなど考えたこともありませんでしたが、今では彼に影響され、会社を持ってみたいという意欲が湧いてきました。もし、今回の旅がなければ私は今頃なんとなくの生活を送り、就職活動も自分の明確な意志もなく行っていたと思います。本当に旅に出て良かったです。ブログ上ではありますが井上主事・高田先生・山田先生にもう一度お礼を申し上げたいと思います。私に自分自身を向上させるチャンスを下さり本当にありがとうございました。この旅で出来た繋がりを大切にしていきます。寮のみなさんも是非海外に旅に出てみてください。自分自身が変わり、日本という国の素晴らしさがわかると思います。ベトナムで体験したことは他にもまだありますが詳しい内容は次回の明倫館だよりにて46号室水田君が記事を書きますので、是非一読してみて下さい。

378.jpg
380.jpg
382.jpg

 50号室 大野 暁洋

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ベトナムはもう一度行きたい国の一つ

ベトナムへ行ったのですか、最高!!
私ももう一度行きたい国の一つです。行きたいところは、①中国雲南省、②ベトナム、③ニュージーランド、④カナダ西海岸が住みやすく人情もいい。ベトナムでは、北のハノイでオートバイに乗せて貰って夜の街を疾走したことがありました。ダナンの海岸のホテルは素晴らしかった。ホーチミンはちょっとゴタゴタしていたが活気のあるまちだった。何処へいってもホンダのオートバイに人気があった。南北に走っている国道は日本のカネで造られたもので、だれもがよく知っていた。アメリカを負かした国なのに経済はアメリカにどっぷり、料理は中国とフランスのミックスした感じで美味い。本当に不思議なくにだ。この国は北と南では風俗が違う。ユエも良い町だ。
とにかく、若いうちに世界中を見ておくことだ。ただ、目的をはっきりさせ、予習復習を確りやって、貴兄の血と肉にすること。予習が十分でないと単なるお遊びになる。初めはそれでもいいけれど。必ず記録しておくこと。ただ、危険なところへは行かないこと。
水田君のもよろしく。
最新記事
twitter
月別アーカイブ
リンク