FC2ブログ

資格について

今回は資格の取得について話したいと思います。
私は今、経済産業省主催の情報技術者試験の応用情報技術者試験という資格の取得を目指して勉強しています。
これらの資格はいわゆるコンピュータ関連の資格で唯一の国家資格となっており社会的にも認められています。
今週日曜日に試験があるので現在問題集や過去問題等を使って勉強に取り組んでいます。

資格を取るということは就職の際に少なからず役に立ちます。
資格は知識や能力を証明するものなのでただ口で何かができるというよりも説得力があります。

しかし、資格を取得している=絶対に就職できるというをけではありません。
資格を取得しているからといってそれ以外を怠っていればその資格には何の価値もありません。

ですが、有効に使うことで自分にとって大きなプラスになり、武器にもなります。
まず、資格試験とは基本的に、学校等が無理やり受験させるものではなく、自分から進んで受験するものです。そのため、合格するためには自分で勉強しなければなりません。このことから自分から勉強をする癖をつけることが可能です。
また、資格を取得することで自分でもやればできると、自信に繋がることもあります。

他にも自分にとってプラスになる面はたくさんあるので皆さんも時間を見つけて何かの資格試験に受験してみてはどうでしょうか?

55号室 濱田勝太

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

資格試験は自分の知識度のチェック機能

資格試験に合格することは、自分の能力判定であって、勧められてやるものではなく自ら挑戦するものです。君はコンピュータが専門なのだから当然のこと。大学は機会を提供するだけで評価はしない。真の評価は自分でしかできないもの。大いにその気になって挑戦して欲しい。人間は吸収した知識でさらに考え何か社会にためになることを実行することだろ思う。
君ならば一発で合格できる。結果を知られて欲しい。
人間というものは、自ら定めた社会に貢献できる目標を達成する快感の連続かもしれない。はじめは小さな目標から徐々に大きな目標に向かって、ガンバレ濱田!!
ところで、他の連中意外とブログを書かないな。なぜだろう。青春は二度とないのだが・・・・

No title

>>木下博民さん
日曜日に多摩大学にて受験してきました。
午前問題は自分でもよくできたと思ったのですが、
午後問題問題があまりできませんでした。
次回は春に試験があるのですがそれに向けてまた勉強していきたいです。

君なら大丈夫だ。

いまこそ貴重な青春時間だ、決して無駄にしないこと。
いま君は自分で描いた楼閣の階段を一歩一歩登っているのだ。確実に慌てず焦らず、よそ見せず、慎重に胸を張って登ってほしい。
最新記事
twitter
月別アーカイブ
リンク