スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春休みの抱負

新年明けましておめでとうございます。

2011年は東日本大震災をはじめとして激動の1年でしたが、2012年も欧州危機、イラン問題等去年にもまして様々な事が起こる1年になると思います。
色々なものが転換期に来ている今、自分には何ができるのか、自分は何をすべきかをしっかり考えていきたいと思います。
大学も長期休暇に入りました。この休みを利用して色々な本を読んでいきたいです。
資本主義の見直しが必要と言われるようになりましたが、どこをどのように見直せばいいのか、それとも全く別の考え方が必要なのか結論は出ていません。
しかし、これまでもそういった価値観の転換は歴史的に何度かありましたので、いずれ何か新しい考え方が出てくるのだと思います。
そういう歴史上での思想、価値観がどのように転換していったかを学べる本を読んで、そこから今自分はどう社会と関わっていくべきかというヒントが得られるような気がします。

また、春休み中の目標として必ず1社以上、実際に企業を訪問してお話を伺ってこようと考えています。
いくら本を読もうとも、実際に体験してみないことにはわからないことも数多くあります。現場に足を運び、そこで働いていらっしゃる人たちから生のお話をしていただく。
そうやって現状を知らない限り、そこから何をすればよいかという答えも見えてきません。先日にはソニーやシャープが2012年3月期の連結決算で数千億円の赤字に転落するとの報道をはじめ、連日ニュースでは日本の経済について様々に悲観的な報道がなされていますが、少し目を移せば、この不況下でも着実に業績を伸ばし成長している企業も多くあります。特に中小企業を中心に新しい技術やサービスを開発しているところも多いようです。その最前線で活動されている方々にお話を伺うことは、この先自分がどう社会と関わっていくべきなのかということについて色々な視点を与えてくれると思っています。

ちゃんと前進して答えを出す。
生きていればいろんな人からいろんなことを言われます。その中で自分がどうしたらいいのか、あるいは自分がやっていることは間違っているのか、どうしようもなく分からなくなってしまうことがあります。
周りの声に飲み込まれてしまい本当にどうしていいか分からなくなって、ただ自分はこういう風に生きたいんじゃないという嫌悪感だけが残るというのはつらい、本当につらいものです。
反抗心から自分は違う道を行くんだと言い張ってみても、結局その道を一人行く勇気はなくて怖気づいてしまう。そしてまたそんな自分に対する嫌悪感だけが積み重なっていく。
気付いてみればもうがんじがらめでどうしようもない。こんなの嫌だと思ってもそこから抜け出す勇気もない。変わりたい。でも変われない。でも・・・
そんなことをずっと考えながらこの数年生きてきました。自分の中で踏ん切りをつけてまた新しく始めようと思い行動しても最後には結局逆戻りになってしまう。
おかしい。ちゃんと踏ん切りをつけたはずなのに、どうして・・・そんな気持ちでいっぱいだった時期もありました。
でも、ようやく分かった気がします。つまるところ、自分が求めていたのは自分の生きる意味だったんだと思います。
何か本当に自分の生涯をかけてもいいと思えるもの、それが自分の欲していたものなのだと思います。
こんな話をすれば大体の人には鼻で笑われてしまうのはわかっています。これまでもそうでしたが、これからも変わることはないと思います。
以前なら上に書いたように何で分かってもらえないんだと落ち込んでいたかもしれませんが、今はもう大丈夫です。
自分なりの答えを見つけることができました。それが本当に”正しい”のか、実現できることなのかそんなことはわかりません。でも自分が心の底からやりたいと思えることなのです。
だから、もう大丈夫と胸を張って言えます。これから行き詰ることもたくさんあると思います。けれど、この気持ちを忘れなければ何度でも立ち直れると信じています。
春休みは勝負の時期になります。本を読み、企業の方々にお話を伺い、自分の夢にしっかりと結び付けていこうと思います。

20120204164816.jpg

44号室 竹葉大貴
スポンサーサイト

私の春休み

後期のテストが終わり、春休みに入りました。大学生活、寮生活も早一年経とうとしています。
来年度からは後輩もできると思うと、自然と上に立つ責任というものを自覚するようになりました。


さて、私は、この休暇を利用して、以前から興味を持っていた人工知能について、少しばかり勉強してみようと思っています。なぜかと言うと、コンピュータのソフトやハードについて、プログラムについてなど、そういったものを学びたいと思ったきっかけでもあるからです。

まず最初に、人工無能のプログラムを組んでみようかと思っています。
人工無能とは簡単な応答を返すプログラムで、人工知能などに比べ実装が簡単という特徴があります。
例えば、twitterなどでよく見かける会話ロボットなどのことです。

会話を行うための手順として、他者の発言を”推論”し自ら発言することが必要です。
推論の仕方には、単純におうむ返ししたり、一定の単語に対して一定の単語で返す方法などがあります。
また、”単語を認識すること”をプログラムで実現するために必要な技術として、文字列比較や形態素解析があります。

...詳しく書くのはとても手間がかかるので割愛します。興味が沸いた人はぜひ調べてみてください。

ということで、春休みの間に人工無能のプログラムを組んで、会話をしてみようと思います。

42号室 堀尾祥汰
最新記事
twitter
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。