スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Seeing is believing. ~百聞は一見に如かず~

こんにちは、六十二号室の山本祐大です。
日に日に寒さが厳しくなってきている今日この頃をみなさんはどうお過ごしでしょうか?

寒さが肌に沁みる季節がやってくると、一年前の激闘の日々を思い出します。
去年の今頃、自分は所謂『高松刑務所』としてその名が知れ渡っている「高松高等予備校」で昼夜を問わず勉学に励んでいました。

現役時代の結果に納得がいかず両親に必死の思いで懇願し浪人を許してくれましたが、長い一年の間にはどうしてもモチベーションが下がりそうになる場面に幾度となく遭遇しそうになりました。
ですが両親や、いつも厳しく、且つ丁寧に指導してくださった予備校の先生方、自分のことを気にかけてくれていた小中高の同級生や先生、そして互いに切磋琢磨しながら、毎日共に勉強した寮の戦友たち…。
この人たちのことを思い起こすと、学習の意欲を何とか維持することができました。
予想以上に苦しかったけど、あの一年間は後々振り返ったとき、俺の人生においてなくてはならなかった一年だったんだなって思える日がきっとやって来るように感じます。

とりわけ、寮生活で知った共同生活の楽しさや難しさは明倫館で生活を送る上で非常に有意義なものとなりました。
この経験があるからこそ、 現在明倫館で楽しい生活ができている大きな要因になっていると自分は信じています。

また、寮生活で得られた友人との交流はいまでも続いており、つい先日も彼らと新宿まで呑みに足を運びました。
一年間苦楽を共にした仲間はやはり唯一無二のものであるなぁとその時には実感しました。

さて、話は変わって現在の自分に目を向けてみると、確かに机に向かって勉学に励む時間は急激に減少しました。
しかし宇和島のような田舎ではありえない、東京という大都会にしか無いような場所に足を運ぶ機会は格段に増加しました。
様々なところに行ってみたりするのも立派な勉強のスタイルの一つであると自分は思います。
なぜなら、実際に足を運ぶことによって机の上だけでは到底得ることのできないたくさんの出会いに触れることができるからです。

今のところは東京で就職し、そして報道記者になることを希望していますが、もしかしたら地元に帰らなければならない状況も出てくるかもしれません。
その時に後悔することの無いようにいろんな経験を積んでおきたいと切に望んでおります。

勿論、机上での勉強がもっとも大事であるのは言うまでも無いですがね(笑)


62号室 山本祐大
スポンサーサイト

最近思ったこと

このごろ本格的に英語の勉強を始めました。今は英語の授業のクラス編成にかかわってくるTOEICを中心に学習を進めています。TOEICのスコアと英語運用能力は必ずしも一致するわけでじゃありませんが、大学では授業の、社会では昇給、昇進の基準となることも多くなり、高いスコアを取ることはそれだけ触れることができる世界の幅を広げることになるので、パスポートを取るような感覚でがんばっていきたいと思います。

先日、野田首相がTPPの交渉に参加表明をしました。個人的にTPPの参加には反対なのですが、報道を見る限りこのまま参加していくような印象を受けています。私たちのようなこれから社会に出て行くような若い世代がTPP参加によって最も影響を受ける部分は就職に関することなのでしょう。TPPによって労働力の流動化が更に加速し、大学生の就職活動はいっそう厳しいものになりそうです。外国人の労働者も増えるわけですから英語は重要というより必須になっていくのかもしれません。

これまでの就職活動において英語運用能力や特別な資格は大きなアドバンテージになってきましたが、激化する就職活動の中でそういったものを持つ学生も多くなり、それほど大きな武器にはならなくなったという話しはよく聞きます。TPP参加によって海外から入ってくる労働者には単純労働者も多いはずです。ただ英語が話せるだけではそういった海外の労働者と差別化ができず、企業は単価の安い海外労働者を積極的に採用することになると思います。資格に関しても同じで、就職難で資格をもつ人が増加したため買い叩かれてしまう状況です。海外から入ってきた労働者が同じく資格を取るようになれば、この状況は加速していくでしょう。

大切なのは英語や資格が武器になるという考えを捨て、そういったものを勉強しつつも常に自分しかもっていない武器を探していくことなのだと思います。例えば、大学でゴミ問題を研究していて埋立地がなくなってきている、ということを知ったなら、リサイクルやバイオマス技術を開発している会社が伸びていくはずと考え、教授にそういった企業の情報を教えてもらい、実際にその企業を訪れ個人的にインターンとして働けないか交渉してみるといった具合に。そうすれば在学時からその業界に対して深い理解を築くことができ、就職時には圧倒的な武器を手にすることができます。
私も個人的に注目するアフリカの食糧開発に対していろいろとアプローチしていきたいと思います。

44号室 竹葉大貴

ベトナム旅行

私は、10月4日から9日まで46号室の水田君とベトナムを旅しました。この旅を行うにあたって、井上主事に高田先生という方を御紹介させていただき、高田先生からホーチミン工科大学で日本語を教えている山田先生を御紹介させていただきました。その御縁により私たちは、ホーチミン工科大学で日本語の授業に参加できることになりました。そこで驚かされたのは私が思っていた以上に日本語が通じたということです。彼らの日本語は私たちでいうと選択第二外国語(中国語、スペイン語、韓国語など)にあたります。日本の大学生で第二外国語を話せる学生はかなり少ないと思います。それに加え、彼らのほとんどが英語を話せていました。日本では早いところでは小学生から、それ以外では中学生から英語を学習しているのに英語を話せる大学生はほとんどいません。同じ大学生なのに大きな差を感じ、私自身だらけがちになっていた大学生活を見直す良い刺激となりました。授業の後、山田先生、学生たちと一緒に夕食を共にし、とても貴重な時間を過ごすことができました。私より2、3歳年上の方とも知り合えたのですが、彼は自分の会社を持っていると言っておりました。私は彼に会うまで会社を持つなど考えたこともありませんでしたが、今では彼に影響され、会社を持ってみたいという意欲が湧いてきました。もし、今回の旅がなければ私は今頃なんとなくの生活を送り、就職活動も自分の明確な意志もなく行っていたと思います。本当に旅に出て良かったです。ブログ上ではありますが井上主事・高田先生・山田先生にもう一度お礼を申し上げたいと思います。私に自分自身を向上させるチャンスを下さり本当にありがとうございました。この旅で出来た繋がりを大切にしていきます。寮のみなさんも是非海外に旅に出てみてください。自分自身が変わり、日本という国の素晴らしさがわかると思います。ベトナムで体験したことは他にもまだありますが詳しい内容は次回の明倫館だよりにて46号室水田君が記事を書きますので、是非一読してみて下さい。

378.jpg
380.jpg
382.jpg

 50号室 大野 暁洋

読書と歴史

私は、今学期、東アジア、とりわけ中国との外交についてゼミ形式の授業で学習しています。教授も含めて5人という少人数制の授業で、孫文の三民主義を購読しつつ、歴史問題や領土問題など多様なテーマで活発な議論を戦わせながら、さまざまな知識を吸収しています。自分とは異なる意見を持つ他者との議論は骨が折れますが、大変充実したものです。また、法学の授業ではギリシア悲劇、シェークスピアの作品からリヴァイアサンや法の精神に至るまで多種多様な本が課題図書となっています。若干、消化不良気味ではありますが、日々読書にいそしんでいます。

私が高校生の頃、早稲田大学の元総長の奥島先生が講演をしてくださいました。その中で先生は、「読書とは他者の人生を追体験することである。人は一つの人生しか歩めない。しかし、読書をすることで、さまざまな人生を疑似体験でき、深みのある人間になる。」という趣旨の発言をされました。私は、この言葉に感銘を受けました。今まで、漠然としていた読書の意義がこの言葉で、明確になり、さらに読書に力が入ったのを覚えています。

書物には、今まで人類が培ってきた知恵が詰まっています。そのような書物を読むことで、自分はいかに生きるべきかという指針が生まれてくるのではないでしょうか。読書とはいわば、先の見えぬ暗闇を照らす灯火のようなものです。これと同じことが、歴史にもいえると思います。歴史は人類の成功と失敗が集積されたものです。この歴史を学ぶことで、過去の過ちを繰り返さずにすみ、正しい決断をできるようになるのと思います。
幸運にも、日本という長い歴史を持つ国に生を受けることができたのですから、先人の偉業を謙虚に学んでいこうと思います。


ビスマルクは言いました。「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ。」と。

読書と歴史の学習を続けて、賢者になりたいと願う今日この頃です。

NEC_0039.jpg


33号室 山本洸大

靖国神社に行ってきました。

先日、九段にある靖国神社に参拝してきました。
僕の通っている早稲田大学からは乗り換えなし、電車で10分くらいの時間で行くことができました。普段自分がよく見ている景色が、わずか10分移動するだけで雰囲気が全く違ったことが印象的でした。

一つ目の鳥居をくぐるとまず目に入ったのはとても大きな大村益次郎の銅像でした。彼の名前と主な活躍は高校時代に日本史で学んでいました。しかし、銅像の下に書いてある彼についての紹介を読んでいくうちに、自分が学んだことは単なるデータでしかなかったのだなと思い知らされました。歴史の知識を頭に入れることと歴史を知ることは似ているようで違うものだと感じました。

二つ目、三つ目の鳥居をくぐって行くと本殿にたどり着きました。
そこでは今までなかなか経験したことのない感覚に包まれました。畏れ多い感覚、というのでしょうか。普段の生活ではくだらないことにばかり気を回している自分が、とても卑小な人間であるように思えました。

時間外であったため就遊館は見学できなかったので、英霊の言乃葉を購入し、神社内で読むことにしました。英霊たちの遺書を読んでいるうちに神社の荘厳な雰囲気も相まって涙が押し寄せてきました。普段、感動モノの映画なんかを見て流す涙とは全く違う物でした。

以上がその日僕が体験した大まかなことです。

僕が危惧するのは僕が今日見知ったことのほとんどが、学校の教育では教えられていないということです。今の中高、いや、大学生まで含めたとして、東京裁判で日本人全員無罪を主張したパール判事のことを知っている人がどれだけいるでしょうか。もしかすると靖国神社は何のために存在しているかを知らない学生もいるかもしれません。
また、日本では歴史の話になると「あの人は思想が・・・」という風になってしまいがちですが、日本を守るために戦った人たちを参拝することは、なんの躊躇もなくすべきだと思います。正しく歴史を知り、学ぶことの重要性を痛感した一日でした。

img_672604_35521703_0.jpg


7号室 中川翼
最新記事
twitter
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。